不要な宿題

2018年3月11日(日曜日) ena 国際部東京校

不要な宿題

ありません。
集団授業ですので、個人個人を見たときに全員にベストな宿題かと言えば、そうではないかもしれません。
しかしながら、その授業に出て力をつけていくためには不可欠な宿題です。
そして、小6、中3を含めて、カリキュラム(受験の範囲を単元別に)を進めているところです。
合格というゴールから逆算してカリキュラムを組み、生徒たちのその時その時の習熟度を見て、クラスにとって最良の宿題を出しています。
enaノートに宿題をメモしてもらうときに、何分くらいで終わる宿題なのか、7日で割ると1日どれくらいでよいのかを話します。
忙しくてもやれる量です。
授業は週1日でも勉強するのは週7日です。
だからこそ、小4~小6では計算日記と漢字日記を採用しています
授業で勝負は真なりですが、授業のない6日間をどう回すかも大きな勝負です。
解いて丸つけて直しという算数・数学の宿題では、算数・数学といった科目の特性上、家で一人で宿題をやれないという状況も予想できます。
間違ったところの答えを赤で書いたところで何もなりません。
ご両親が教えてくださっているご家庭もありますし、授業外の時間でenaを利用してくれる生徒さんもいますし、様々です。
こちらの意識としては、「授業で完全に理解したから大丈夫」という状態を作るべく授業で勝負させます。
授業のない6日間こそが定着を図る期間です。
この6日間をうまく回すためにも週1回の授業があります。
定着を図るための宿題が中心になっています。
各授業の宿題で親子バトルが起きそうな場合はご連絡ください。
そしてenaに寄越してください。
お問い合わせ資料請求はこちら
このページの先頭へ