塾の存在価値・塾教師の使命10則

2018年3月21日(水曜日) ena 国際部東京校

塾の存在価値・塾教師の使命10則

 

駆け出しの頃、先輩社員に教えてもらったことが思い返されます。

新年度開講、一発目の模試、春期講習会目前のタイミングです。

今一度肝に銘じます。

 

1.成績を上げること

2.勉強の楽しさを理解させ、習慣と具体的方法を身につけさせること

3.生徒・保護者の意識づけを行いモチベーションを上げること

4.授業以外での学習環境を提供すること

5.学習面に対して、自分で問題解決できる力を養成すること

6.志望校に合格させること

7.受験を通して達成感と自信を持たせること

8.学習方法・受験等の情報を発信すること

9.生徒・保護者な悩みを共有し共に解決すること

10.将来の進むべき方向性を一定示すこと

 

言葉では理解していても、「実感」が伴うのはまだまだ後になってからのことでした。

 

そんなことを肝に銘じつつ今年度も頑張っていきます。

 

面白く、ためになるように授業をする。

入念な準備で最大限の効果を狙う。

同じ時間を過ごすなら負けない。

小テスト、宿題の質にこだわる、こだわってもらえるような指導をする。

作業力を高め、集中力の持続を促し、学習の質そのものを高める。

その子その子に搭載されているエンジンを変えていく。

(時速40kmではなく、時速100kmで走れるような状態にする)

勉強にあるのはスイッチではなく、習慣。

そして、その習慣の水準を高めていく。

授業だけですべてを解決できるわけではないので、残りの6日間がうまく回るように授業で整える。

 

お問い合わせ資料請求はこちら
このページの先頭へ