英検®準1級

2018年4月26日(木曜日) ena 国際部東京校

英検®準1級
合格率15%と言われる試験ですが、帰国枠受験の基準となる級です。
積極的に合格を狙いましょう。
大人顔負けの内容であるという言い訳をせずに、ためらわずにどんどん学習しましょう。
合格基準は下がりませんので、皆さんのレベルを上げるだけで良いのです。
しかも、範囲のある試験のうえに、過去問や対策本が出回っている試験です。
本気でやっても絶対に受からないわけではありません。
受かるだけならできるはず、満点とるわけでもあるまいし。
試験まで1か月以上あるから、毎日過去問題を1本やって復習するくらいでも、30本はできます。
1つ1分で単語を覚えて1日1時間で50つ覚えられます。
1か月で1500つ覚えられます。
準1級の決め手は語彙力ですから、これをやればよいことは自明です。
やるかやらないか
それだけですが、
やらないことが許されないという環境や雰囲気が塾や家庭にあるか
は重要です。
周りの大人が許せば、甘えが生じます。
受かるためにはやる、やらないならそこまでして受かりたいわけではないという選択をしているだけです。
そして、やらないことを結果的に容認している周りの大人には本気の応援やサポートが足りないことになります。
言っているんですけどなかなか~とか、言っても聞かないんで~とかいう大人からは本気が感じられません。
受かるには受かる理由があり、不合格には不合格になる明確な理由があります。
ゴールデンウィークで英検準1級の学習をとことんこなしましょう
受かるためにはそれなりのことが必要です。
頑張っても不合格、わるくないですね。
頑張らないで合格するよりは。頑張らないで不合格は悲惨です。
悔いの残る受験だけは回避しないと。
どうすれば受かるのか、何をしなら受かるのか、やっていることが正しいのか、心配であれば、セス先生に直線相談に来てください。
大歓迎です。
お問い合わせ資料請求はこちら
このページの先頭へ