第2回小6帰国生模試

2018年4月28日(土曜日) ena 国際部東京校

第2回小6帰国生模試
 ついにこの日がきました。受験はマラソンかもしれませんが、小刻みなダッシュでもあります。毎週の授業で、授業のための宿題と小テストで、そして全8回のこのテストで。
 決められた席に座る
 カバンは椅子の下、または通路の邪魔にならないところに置く
 筆記用具は必要な分だけ筆箱から取り出す
 色ペンは使えない
 落としても自分では拾えない
 背筋を伸ばす、姿勢は凝視されている
 50分間は完全集中タイム
 答案用紙は裏返さない
 壁に寄りかからない
 問題冊子はとじない
 解き終わってからの姿勢を大事に
 消しカスを床に払わない
 机に文字を書かない
 トイレは休み時間にすませる
 椅子をしまって帰る
こういうことができる生徒が受かりやすいことを経験的に知っています。
こういうことを言われないとできない生徒がまだまだいることも知っています。
塾、学校、家庭、社会、どのせいかというより全て密接に関わっていますから、ピンポイントでせめるものではありません。
受かるために必要だから、まだできないから、教えてもらったことがなさそうだから、そういうことを大事にしていきます。
GW期間中でしっかり復習をして、もう一度受けたら間違いなく世界で一位をとれるようにすることは、全受験生の課題です。
そして、それをサポートするのは塾であり、保護者の皆様です。
第3回は6月9日、10日です。
この模試をペースメーカーに学力アップを達成します。
お問い合わせ資料請求はこちら
このページの先頭へ