決戦の日【中学部学判】

2018年5月12日(土曜日) ena 国際部東京校

決戦の日【中学部学判】

5月27日(日)は中学部の学力判定テストの日です。
中1も中2も中3も全世界で約2,000名の生徒が毎月参加する摸試です。
日本では中間テストや部活動の最後の追い込み、修学旅行の合間に参加する生徒もいます。
海外でも現地校生、インター校生は学年末試験を控えた状態で参戦します。
どちらにも頑張ってほしいです。
東京校の我が生徒には特に頑張ってほしいです。
自分の担当しているのは中3数学です。
預かって数回のクラスですが、期待しています。
どちらかというと数学が得意ではない集まりかも知れませんが期待しています。
対策授業もします。
そして、その内容をきちんとできる(他人に説明できるレベル、瞬時に手が動くレベル)まで復習してくれれば、そこそこの結果を残せるはずです。
あと1回授業があれば最終確認ができるのですが、その時間はありません。
残された2回できちんと仕上げます。
生徒たちへの声がけで、最後は本人たちがどこまでやってくれるかです。
信じています。
我が生徒がきちんとできることを見せつけたい気持ちもあります。
同じ土俵で戦うことになる海外の各校舎の教師(同僚)たちや生徒たちに、東京校の生徒は「異様にできる」と思わせたい気持ちがあります。
静かに見守りたいと思います。
その一方で、夏が近づいてきます。
夏期特別講習会、夏期講習会に要項、もう少しお待ちください。
日々作成中です。
より良いものにするための最終段階です。
小6・中3は夏期合宿もやりたいですが、まだそうもいきません。
合宿、本当に良いです。成果をあげるための重圧も好きです。

 

お問い合わせ資料請求はこちら
このページの先頭へ