漢検挑戦記5

2019年3月12日(火曜日) ena 国際部東京校

漢検挑戦記5
長らく実感していない「生徒の立場」を経験するために、
そして、そこで感じ、考えたことを日々の指導に活かすために、
漢字検定に挑戦したことがあります。

記憶を辿りながら書いてみます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この3週間、問題集3冊を3回こなす作戦を進めると同時に、休日を利用して過去問もバリバリ解いていました。
8回分解きました。
塾の授業の予習の後に取り組まざるを得ず、かなりしんどかったです。
123点
127点
122点
123点
131点
135点
166点←!
137点
合格点は160点です。
1回だけ突然変異のような点数がありますが、8回中7回、つまり、87.5%の確率で不合格です。
あと35点は必要です。
こんな状態で本番を迎えたら結果は明らかです。
生徒の不合格も嫌ですが、自分の不合格も絶対に嫌です。
まだ時間があります。
あと3週間と3日間はあります。
最後の3日間は最終調整日であり、予備日です。
計画通りにいかなかった場合に、焦ることなく軌道修正することが可能です。
そうは言っても過去3週間苦しんで、もがいて、合格点までまだ35点くらい必要です。
まだまだ見たことのないものにも遭遇しますし、やったはずなのにできないものもたくさんあります。
ここまでの3週間で約20点アップしましたので、残り3週間と3日で25点近くアップの計算になります。
しかし、これを達成したとしても、初回の103点に加えてもまだ足りません。
時間も効率も現状では抜本的な改革はできません。

 

 

お問い合わせ資料請求はこちら
このページの先頭へ