ティッシュペーパーで席の予約ができるなんて?

2016年10月10日 シンガポールの豆知識

ティッシュペーパーで席の予約ができるなんて?

シンガポールのフードコートに行く時、誰もいないテーブルの上にティッシュペーパーがあることを見たことがありますか?
そのティッシュペーパーは、何のためなのか考えたことがありますか?

この習慣の由来は、詳しくは分かりませんが、シンガポールの人たちは食堂でよくします。ティッシュペーパーを置くと、「この席は私が取ります!」という意味があります。不思議ですが、ティッシュペーパーを取られることがありません。そして、それぞれのティッシュペーパーはすべて違うものですが、どれが誰の席なのか皆が意識しているため、間違えることはありません。

時々傘を置いて予約する人もいますが、傘は使う価値があるものなので、よく取られています。それで、安すぎるティッシュペーパーなら取る人がいないでしょうという訳があると考えられます。

今度皆さん食堂やフードコートに行く時、是非ティッシュペーパーで試してみてください。

sep1 sep1 sep1
お問い合わせ資料請求はこちら
このページの先頭へ