ある機会は全て勉強の機会にする

2017年7月1日(土曜日) ena シンガポール校

ある機会は全て勉強の機会にする

こんにちは。

私は日本語を外国語として習い始めて以来、今7年目です。

3年間働きながら夜の日本語クラスに通い、2年間日本に住み、残りの時間は独学でした。
仕事をしている間、勉強する時間がなかなかなかった上で、新しい言語を身に付けるのは、さらに難しかったです。

「ある機会は全て勉強の機会にする」のは大事なことです。

日本人の先生か友達と話す時、日本のドラマを見る時、J-POPを聞く時、日本語の本か新聞を読む時、そして職場で日本語のメールを書く時など、日本語のニュアンスを確認したり、チェックしてもらったりしていて、毎日ある機会で少しずつ日本語の勉強を稼いできました。

生徒たちの英語の勉強も同じようなことだと思います。

普段の生活には、英語をしゃべる機会が少ないかもしれません。日本人小中学校の生徒さんは、学校以外のところでは全く英語を使わない人も多いと思います。「使う必要がない」や「仕方がない」と思うかもしれませんけど、皆さんは折角海外にいますので、英語ができるようになったら、きっと少なからず自分の将来に役に立つと思います。

それでは、どうやってできるようになりますか?

まず、「ある機会は全て勉強の機会にする」のは大事なことです。

機会がないから仕方がないことではなく、「機会を探そう!」「機会を作ろう!」と考えてください。学校でできるだけネイティブの先生たちとしゃべったり、塾にいる時できるだけネイティブの先生に英語で声をかけたり、外出する時英語が使える機会を見つけたりしていますと、可能性は無限大です。

「間違っても、恥ずかしくない。次回また頑張ろう!」と思うことも大事です。
さらに、「使いつつ、上手になる」というのも、事実です。

私は明日日本語能力試験の1級(英検1級のような日本語の試験)を受験します。これから、試験も日本語も頑張ります。生徒の皆さん、英語を頑張ってください!明日英検二次試験を受験する皆さんも頑張ってくださいね。

私たち一緒に頑張りましょう!

リム

ena シンガポール校の他の記事を読む
ena シンガポール校のページに戻る

お問い合わせ資料請求はこちら
このページの先頭へ