読書に関して

2017年7月15日(土曜日) ena シンガポール校

読書に関して

「夏休み」という言葉が聞こえてくるにつれて、お子様に読書習慣を身につけさせるため、どうすればよいのかという相談が増えてまいりました。

 

好きな本に没頭できる時間は、大人になるにつれ、確保しづらくなっていきます。

今のうちに読書に親しんでほしいと心から思います。

 

一方、どのような本がふさわしいかとなると、ひとりひとりの語彙力や、興味・関心のあり方によりますので、一概にこちらをお答えできないところがあります。

 

興味のない本を「読まなくてはならない」と感じ、残りのページ数の多さに圧倒され・・・。その上、「本を読み終わるまでは○○をさせない」とまで言われてしまうと、もう何もかもが嫌になってしまうことでしょう。

 

読書に「~するべき」といったルールは必要ないのではないかと思います。

一方、「興味がなかったけれど、読んでみたら新しい発見があった」というのも生徒たちにぜひ味わってほしい、読書の醍醐味です。

 

もしよろしければ、まずは一緒に本屋さんをまわって、子どもの興味を寛大に受け止めながら、一緒に本を選んであげてください。

小説でも、科学読本でも、伝記でもかまいません。「少年探偵団」シリーズから読書習慣が始まり、成績が大幅に向上した生徒もいますし、「ズッコケ三人組」シリーズが小学校生活のバイブルだったという国語科教諭もいます。

 

そして、子どもが話す本の内容を、しっかりと聞いてあげてください。

本の内容について対話をすることで、新しく得た知識や感性はしっかりと根付いていきます。

 

これまでに読んだことのないジャンルに挑戦するときには、ご家族の方も励ましてあげてください。私自身、原作を読む父との競争で、邦訳版の長編小説を読み切り、自信をつけたことがあります。

 

プレッシャーをかけるのではなく、挫折も含め、一緒に楽しんでくれるご家族がいれば、子どもも挑戦をあきらめることなく、いつか好きな本に出会えるでしょう。

 

 

読めない言葉、分からない時代背景などありましたら、いつでもenaに質問に行くよう促してあげてください。生徒の皆さんの読書サポートができることを、楽しみにしております。

 

 

さて、ena校舎にある図書は、皆様のご寄贈により成り立っております。

ご家庭で読み終えた本を処分される際には、ご協力をいただけますと幸いです。

英語、日本語どちらの本もお待ちしております。

 

※シンガポールという多文化社会に住んでいる生徒達が手にします。政治・文化・宗教や性差別など、偏りの大きな記述がある書籍につきましては、慎重にご検討の上、選別くださいますと幸いでございます。

 

どうぞ宜しくお願いいたします。

ena シンガポール校の他の記事を読む
ena シンガポール校のページに戻る

お問い合わせ資料請求はこちら
このページの先頭へ