英検準1講座、英検2級講座

2017年8月27日(日曜日) ena シンガポール校

英検準1講座、英検2級講座

〇英検準1級 筆記試験はもちろん、2次試験まで指導します。英語重視の帰国枠受験突破を目指す生徒は早い段階で英検準1級対策に着手しましょう。2級と準1級とのギャップは大きいですが、時間をかければ語彙・長文読解・ライティングも攻略可能です。初期段階では、2級で満点近くとれるかどうかの確認も大事です)

〇英検2級 筆記試験はもちろん、2次試験まで指導します。インター校生・現地校生の帰国枠受験の最低水準となる級です。また、在英語圏の証として日本人学校の生徒たちにもぜひ取得してほしいです。英検準1級とのギャップが大きいので、「満点近くとれての合格」を目指すのがベストです。帰国枠受験(英語)を予定している小5生には英検2級または準1級のクラスでの英語力UPもおすすめします。

帰国枠中学受験と英検
 2級・・・最低限取得したい級です。このレベルに到達しているかどうかで、受けられる学校(合格を見込んでという意味で)が増えてきます。注意点としては、「耳に頼っての合格」ではなく、単語・文法できちんと高得点をとったうえでの合格を勝ち取ることです。小学校4年生以上で2年以上インター校に通っている場合、英検2級に合格する生徒さんが多いようです。しかしながら、合格後すぐに英検準1級に挑戦できるかというと、そうでもありません(挑戦した方が良いことは間違いないのですが)。2級を満点で合格できるかどうかというのも英検準1級に挑戦できるかどうかの判断基準です。何はともあれ、早めに、かつ、高得点で、英検2級に合格し、英検準1級への挑戦権を獲得して欲しいです。(合格しても、2級を何度も受けている生徒さんもいます)
 準1級・・・語彙も長文の内容も大人向けの英語ですので、「英語力以外の何か」が小中学生には立ちはだかります。日本語でも英語でもわからないし、自分の身のまわりでは触れないような内容です。早熟かどうかも問われるかもしれません。周りの大人のサポートも必要です。わけがわからなく時間ばかりかかって面白味のない勉強は苦行でしかありません。「継続」が大事な語学の学習において、それを阻んでしまうような要素が満載です。しかし、アメリカやイギリスになどの英語圏には英検準1級や1級をに合格している小中学生は多くいます。英検2級か準1級か、英語を利用した帰国枠受験を優位に進められるかどうか、大きく異なります。英検準1級講座はenaシンガポールでも開講しています(金曜日19:25〜21:30)。ご利用ください。

8月28日(月)後期開講に向けてお問い合わせ受付中です。

(8月23日〜8月27日は休校です)

永田

ena シンガポール校の他の記事を読む
ena シンガポール校のページに戻る

お問い合わせ資料請求はこちら
このページの先頭へ