後期10週を終えて【小5受験算数】

2017年11月9日(木曜日) ena シンガポール校

後期10週を終えて【小5受験算数】

2017年度後期本科授業が開講して10週間が経過しました。

折り返し地点です。

 

中学受験の文脈において、小5後期の算数はかなりの山場を迎えます。

数の性質も、速さも、平面図形も、立体図形も、比も、場合の数も、新出単元が目白押しです。

速さの基礎基本を押さえたうえで「速さの差集め算」「速さのつるかめ算」「旅人算」の学習を進めていきます。(通過算や時計算、速さと比はこれからです)

始めたばかりの生徒たちにとってみればとんでもないところから始めてしまったという感覚だと思います。

その宿題を家でサポートしてくださっている保護者様からしても同じ感覚だと思います。

しかしながら、めげるわけにもやめるわけにもいきません。

そんな事情もありますので、毎週授業開始の30分前から宿題の質問受付タイムを開始し、授業冒頭でも宿題点検と質問受付、先週までの範囲の小テストを実施し、定着度を測り、補強するようにしています。

「差集め算」と「旅人算」を乗り越えて、1か月に1度くらいは「復習の日」を授業で設定していますので、そこでの確認もしています。

小5受験算数は、慎重に慎重に、です。

ここでの基礎基本レベルから標準レベルの問題まで固めることができれば、小6になってからの伸びは格段に違ってきます。

余裕の出てきたい生徒さんたちは、「練習問題」や「まとめの回」や「チャレンジ問題」にも手を出してくれています。

これはこれで良い傾向です。

毎月1回のアタックテストも、2か月に1回の帰国生模試も、学習の良いペースメーカーです。

 

永田

ena シンガポール校の他の記事を読む
ena シンガポール校のページに戻る

お問い合わせ資料請求はこちら
このページの先頭へ