苦い思い出【語彙力】

2017年11月17日(金曜日) ena シンガポール校

苦い思い出【語彙力】

 

こんにちは。

幼い頃から語彙力が貧困でした。

幼稚園の年長の頃「まずい」という言葉の意味が分からずに知ったかぶりしていました。

「そう言えば『まずい』ってどんな意味だっけ。たまたま忘れちゃった。」と友達にわかりやい嘘とともに聞いたことがあります。

転入してきた「はがたけのり」くんのことも、苗字が「はがた」で、下の名前が不思議だなとずっと思っていました。

ある日の永田家の夕食の食卓には、子どもが大好きカレーライスが登場しました。

カレーも好きでしたが、「たまごかけご飯がいい」と母親に言ってしまいました。

生卵としょう油を混ぜてご飯の上に乗せて食べたかったのです。

でも、当時の私には「生卵」と「ゆで卵」と「卵焼き」の区別がつきませんでした。

「目玉焼き」だけは判別できた記憶があります。

3択でした。

カレーを拒否したことに対する父親の怒り、「何たまご?」と3択を迫る母親。正解に至り見事卵かけご飯を食べたかったのか、早くこの局面を打開したかっただけなのか、記憶は定かではありません。

しかしながら、この夜、私は「卵焼きかけご飯」を食べました。

 

永田

ena シンガポール校の他の記事を読む
ena シンガポール校のページに戻る

お問い合わせ資料請求はこちら
このページの先頭へ